御浜町新型コロナウイルスワクチン11月以降の接種について

更新日:2022年10月28日

オミクロン株に対応した2価ワクチンの接種

新型コロナウイルスの従来株とオミクロン株に対応した2価ワクチンの接種を、11月以降以下のとおり実施します。ワクチンの入荷予定等により、前回の接種日の順で予約受付を行いますので、ご希望の方は事前に予約してください。

※特例臨時接種期間は、令和5年3月31日までに延長され、引き続き費用は無料です。

※詳細については、以下のチラシ(広報みはま10月号折り込み)をご覧ください。

接種券の送付について

次の接種が3回目・4回目・5回目のいずれの方にも、以下のとおり接種券を送付します。予約開始日は、接種券発送時のお知らせをご覧ください。

前回接種完了時期、接種券発送日

令和4年5月1日から7月20日まで、10月26日

令和4年7月21日から8月8日まで、11月2日

令和4年8月9日から8月31日まで、11月9日

令和4年9月1日から9月30日まで、11月18日

以降、随時送付します。

 

予約方法について

(1)専用コールセンターによる予約

電話05979-3-0530(8時30分~17時15分 土日祝日を除く)

(2)インターネット予約 ※4回目・5回目接種の予約のみ

インターネット予約サイトはこちら⇒https://jump.mrso.jp/245615

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報を得た上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく接種が行われることはありません。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けない方に差別的な扱いをすることのないようにお願いいたします。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)が受けられます。

申請に必要となる手続きなどについては、役場健康福祉課健康づくり係(電話05979-3-0511)にご相談ください。

その他

通院治療中の方は、事前にかかりつけ医等に接種してもよいかどうか、念のためご相談ください。

他の予防接種を受ける場合は、2週間以上の間隔を空けてください(インフルエンザワクチンとの同時接種は可能です)。

問い合わせ先

接種券・予約などの申し込み、ご相談は、

御浜町新型コロナワクチン接種推進チーム

電話:05979-3-0511、ファックス番号:05979-3-0121

受付時間:(平日)午前8時30分から午後5時15分まで